母の介護準備と転職活動が重なった人のブログ

いきなり会社から整理解雇を言い渡され、その途端に別居している実母が軽度認知症と判明。さてどうする。

環境変化の兆し:常識的な厚意・親切と思った行為が相手にとっては無礼になる話

5年前に受けていたTOEIC講座の先生。

非常に熱くて、TOEICへの半端ない情熱?があり宿題も授業も真剣な方。

英語教育の業界では、なかなか居ないタイプの先生で、講座を受けていた。

 

その半年は会社が暇なこともあり

仕事しながらでもがっつり勉強ができた。

それでも基礎がないので500点いかなかったけど・・・

 

その後、個人レッスンを再開したのだけれど

会社の仕事がドンと忙しくなり、後半は宿題もこなせなくなり

ごめんなさいと個人レッスンを終了。

 

時は流れて4年を過ぎ、会社の同僚からふとその当時受けたTOEICの先生のレッスンが受けてみたいと言われて、先生に連絡を取る。

 

メールで何度かやり取りをしていてちょっと違和感(あれ?なんか嫌がられてる?)。

いやなら断ればいいのになぜか会うことに。

 

そこで雷が落ちた。

TOEICをなめている

②人の紹介で私のレッスンを受ける人はろくなもんじゃない

③4年前の個人レッスン時の私の態度は失礼だった

④おまけに私の英語力も全然だめ

⑤個人事業で英語レッスンすることはすべて時間がお金なのだ

 

うむ・・・

私は大きな勘違いをしていたことに気が付きました。

さんざんいろんな雑談していて(ほとんど先生の一方通行だけど)、

友達になった気分だったのです。

先生はあくまで先生の立場でしか私の目の前には立っていない。

でも④なんて、この場に全然関係ないんだけど・・

 

待ち合わせ場所の喫茶店で

なぜか、私と同僚は小さくなって謝っていました。 

先生のレッスン技術はすごいし尊敬できたから紹介しようと思ったのですが

気軽に声かけちゃだめなんだなー。

 

自分が一方的に良かれと思っても

相手は憤慨することもある。

 

取り扱い注意人物だったことを思い出した・・・

 

あー、久しぶりに怒られたなーと

信じてた人に裏切られたようななんだか変な気分で

シュンとなった1か月でした・・・

そして、何か変化が起きそうな予感がしていました。